Viva Origino 25(1) (March, 1997)


Contents

特集:古細菌について
Special Issue: Archaebacteria
  1. 古細菌について
    石神正浩
  2. 生物界におけるDアミノ酸の分布と古細菌
    長田洋子
  3. 居原 秀、篠田洋幸:アスパチルtRNA合成酵素の進化から見た遺伝暗号系の成立過程と超生物界の分岐
    石神正浩、居原 秀、篠田洋幸
  4. 古細菌のエヴォリュ−ション−好塩菌研究者の見方
    亀倉正博、モ−リス・ケイツ
  5. 脂質から見た古細菌の系統関係
    古賀洋介
  6. 原始地球環境と古細菌
    大島泰郎

第22回学術講演会プログラム

期 日1997年3月16日(日),17日(月),18日(火)
会 場長岡グランドホテル

〒940 長岡市東坂之上町1−2−1
大会参加費
参加登録費一般会員:4,000円(非会員:5,000円 講演要旨代含む)

学生会員:2,000円(非会員:3,000円 講演要旨代含む)
懇親会参加費一般:6,000円(学生:4,000円)

大会委員長: 松野孝一郎(kmatsuno@voscc.nagaokaut.ac.jp

長岡技術科学大学生物系

プログラム

1997年3月16日(日)

大会委員長挨拶 12時50分
松野孝一郎(長岡技術科学大・生物系)

A 物質進化(1)13:00〜14:00
司会:下山 晃

  1. 原始地球および火星上の有機物とその検出法
    小林憲正,梶嶋 茂,金子竹男,石川洋二*,河崎行繁†,斉藤 威‡ (横浜国立大・工,大林組*,三菱化学生命研†,東京大学宇宙線研‡)
  2. 陽子線照射による模擬惑星大気からの核酸塩基の前生物的合成
    村澤賢一,辻  融,小林憲正(横浜国立大・工)
  3. 彗星および星間塵環境下での有機物の生成掘ゥ▲潺了請斡鄲寮言率の推定
    笠松隆志,金子竹男,小林憲正,斉藤 威* (横浜国立大・工,東京大学宇宙線研*)
  4. 原始水圏中におけるDNAの紫外線による分解について
    浅野義浩,三田 肇,下山 晃(筑波大・化学系)

B 物質進化(2) 14:00〜15:00
司会:小林憲正

  1. 77Kでの紫外線照射によるアミン−水系でのアミノ酸生成
    横山裕文,三田 肇,下山 晃(筑波大・化学系)
  2. 大古代堆積岩からのクロロフィル関連化合物の探索
    善養寺一也,下山 晃(筑波大・化学系)
  3. 白亜紀−第三紀境界堆積岩中の炭化水素の解析
    三田 肇,下山 晃(筑波大・化学系)
  4. アミノ酸水溶液の加熱によるジペプチドの生成とそのラセミ化について
    竹田真子,下山 晃(筑波大・化学系)

Coffee Break 15:00〜15:15

C 物質進化(3)15:15〜16:15
司会:清水幹夫

  1. 放電合成法における新しいアミノ酸生成機構の提案
    宮川 伸,田村英樹,小林憲正*,澤岡 昭(東京工業大・応用セラミックス研,横浜国立大・工*)
  2. モンモリロナイト上におけるアデノシン,ウリジン,およびイノシン-5*-リン酸イミダゾリドの重合反応の速度論的研究
    川村邦男,J. P. フェリス*(大阪府立大・工,レンセラー工科大*)
  3. アロフェンによるアミノ酸の光学異性体分離の可能性
    橋爪秀夫,Benny K. G. Theng*(無機材質研,Landcare Research*)
  4. 粘土コアセルベート,生命鉱物起源説の一考察
    中沢弘基(無機材質研)

D 物質進化(4)16:15〜17:15
司会:藤井紀子

  1. ホモキラルなジペプチドとヘテロキラルなジペプチドの疎水性の差とホモキラリティーの濃縮
    胸組虎胤,下山 晃*(小山工専・物質工学,筑波大・化学系*)
  2. チオールエステル誘導体からのポリペプチドの前生物的生成の可能性について
    胸組虎胤(小山工専・物質工学)
  3. アミノ酸熱重合物の析出とそのpH依存性
    土澤健一,石森綱行,櫻沢 繁,今井栄一,本多 元,松野孝一郎(長岡技術科学大・生物系)
  4. 金属イオン存在下でのアミノ酸熱重合物のふるまい
    若村和彦,今井栄一,本多 元,松野孝一郎(長岡技術科学大・生物系)

E 物質進化(5)17:15〜18:00
司会:胸組虎胤

  1. 2*-5*結合及び3*-5*結合RNAの2重鎖及び3重鎖形成能.RNAにおける結合異性体の自然選択の1要因
    澤井宏明,関 淳一,尾崎広明(群馬大学・工)
  2. Monomer World・・・Origin of Metabolism
    清水幹夫(宇宙科学研)
  3. Dimer World・・・Origin of Bioinformation
    清水幹夫(宇宙科学研)

運営委員会  18:00〜

1997年3月17日(月)

シンポジウム(A)

「進化過程の表現」9:00〜11:00(各発表20分+討論10分)

オルガナイザー:松野孝一郎

SA1 遺伝子解析への情報理論的アプローチ

大矢雅則(東京理科大・情報科学)

SA2 再構成系で作る進化物語

四方哲也(大阪大・工)

SA3 進化分子工学における進化の表現法

伏見 譲(埼玉大・工)

SA4 進化の観測志向型モデル:無限と有限の相互作用

郡司ペギオ幸夫(神戸大・理)

F 分子進化(1)13:15〜14:15
司会:伏見 譲

  1. 糖認識の多様性と生命の歴史
    平林 淳(帝京大・薬)
  2. 水晶体タンパク質中の反転、異性化反応とその機構
    藤井紀子,百瀬祐子,石井則行*,松村壽公* (科学技術振興事業団「さきがけ研究21」,工業技術院生命研*)
  3. ロイシル化活性を持つtRNAの試験管内選別
    長谷川典巳・朝原治一*(山形大学・理,宇宙科学研*)
  4. D-トリプトファンに活性なトリプトファナーゼの活性部位の検討
    島田秋彦・中村以正*(筑波大・応用生物化学系,相模女子大・食物*)

G 起原と進化の物理(1)14:15〜15:00
司会:野田春彦

  1. アミノ酸熱重合物の長時間緩和と非平衡下での局所パターン形成
    櫻沢 繁,本多 元,松野孝一郎(長岡技術科学大・生物系)
  2. 蛋白質−アミノ酸関係に力学系構造はあるか?
    海野和三郎(近畿大・生物理工)
  3. 大進化の駆動力について
    山元皓二(長岡技術科学大・生物系)

Coffee Break 15:00〜15:15

H 起原と進化の物理(2)15:15〜16:00
司会:長谷川政美

  1. 進化分子工学におけるウイルス型対応付け分子の構築
    宮本悦子*†,根本直人†,伏見 譲‡,小林憲正*,柳川弘志†(横浜国立大*,三菱化成・生命科学研†,埼玉大・工‡)
  2. エントロピー進化率によるHIV変化過程の解析
    佐藤圭子,大矢雅則,宮崎 智(東京理科大・情報科学)
  3. HIVの符号構造の情報論的解析
    橘 秀樹,大矢雅則(東京理科大・情報科学科)

I 生物進化(1)16:00〜17:00
司会:石田政弘

  1. Genetic Basis of Evolution
    中村 運(甲南大・理)
  2. 真核生物の起原と初期進化
    長谷川政美(統計数理研)
  3. サーモプラズマと真核細胞
    山岸明彦,大島泰郎(東京薬科大・生命科学)
  4. ミトコンドリアに存在するD−アミノ酸
    長田洋子,堺 正樹,飯田晃仁,長田久美子*(姫路工業大・理,兵庫医大・細菌*)

編集委員会 17:15〜18:15

懇親会 18:30〜21:00

1997年3月18日(火)

シンポジウム(B)

「進化フローリアクター」(9:00〜11:30)(各発表20分+討論10分)

オルガナイザー:柳川弘志,松野孝一郎

SB1 海底熱水噴出孔環境下における有機物の生成

小林憲正(横浜国立大・工)
SB2 高温水溶液中における核酸の分解および生成反応の速度論的研究
川村邦男,吉田晶子,松本 修,梅原雅俊(大阪府立大・工)
SB3 自己複製分子と光学活性
湯浅精二(大阪大・理院)
SB4 原始地球の高温熱水環境と進化フローリアクター
柳川弘志(三菱化成・生命研)
SB5 進化フローリアクターの設計指針
松野孝一郎(長岡技術科学大・生物系)

昼食  11:30〜13:00

J 生物進化(2)13:00〜13:45
司会:赤星光彦

  1. 高度好塩性古細菌Haloferax volcaniiのアスパルチルtRNA合成酵素
    篠田洋幸,居原 秀*,石神正浩* (大阪府立大・農,大阪府立大・総合科学*)
  2. 高度好塩性古細菌Haloferax volcaniiのグリシルtRNA合成酵素
    宅間弘樹,篠田洋幸*,居原 秀,石神正浩 大阪府立大・総合科学,大阪府立大・農*)
  3. 高度好塩性古細菌Haloferax volcaniiのアラニルtRNA合成酵素
    上垣内文規,篠田洋幸*,居原 秀,石神正浩 (大阪府立大・総合科学,大阪府立大・農*)

K 生物進化(3)13:45〜14:30
司会:佐藤七郎

  1. 高度好塩性古細菌Pyrococcus friosusのアスパルティルtRNA合成酵素
    中村 実,篠田洋幸*,居原 秀,石神正浩 (大阪府立大・総合科学,大阪府立大・農*)
  2. シダ植物への希土類元素の集積性について−Tbに見られる特異性−
    高田実彌,川本圭造,隅野照家,河合建一,赤星光彦(京都大・原子炉)
  3. ICP−MSによる藻類中希土類元素の分析
    川本圭造,高田実弥,隅野照家,河合建一,赤星光彦(京都大・原子炉)

L 生物進化(4)14:30〜15:15
司会:石神正浩

  1. TbイオンとDNAとの特異的な相互作用について−培養細胞系での検証−
    赤星光彦,高田実弥,隅野照家,川本圭造,河合建一(京都大・原子炉)
  2. 大腸菌と細胞性粘菌を用いた共生系の構築を目指して
    等々力政彦,四方哲也,卜部 格(大阪大学・工)
  3. 細胞への放射線の外部照射と内部照射−カンブリア爆発と火星生命細胞の大きさ−
    横尾広光(杏林大・保健)

    ホームページに戻る Viva Origino目次ページに戻る