Viva Origino 24(1) (March, 1996)

The 21th annual meeting of the SSOEL-JAPAN
at
Osaka Prefecture University
Sakai, Osaka, JAPAN
March 18-20, 1996


Contents

化学進化

  1. 安定同位体ラベル法による模擬原始大気実験生成物中のウラシルの同定・定量
    辻 融・小林憲正(横浜国大・工)
  2. 陽子線照射および火花放電による模擬惑星大気からのシアン化物・アルデヒドの生成
    佐藤 忠・金子竹男・小林憲正(横浜国大・工)
  3. 彗星および星間塵環境下での有機物の生成
    笠松隆志・金子竹男・小林憲正・斉藤 威*(横浜国大・工、東京大・宇宙線研)
  4. 宇宙での化学進化のエネルギーIII
    斉藤 威、小林憲正*(東大・宇宙線研、横浜国大*・工)
  5. UV照射によるアミン水溶液からのnon α-体アミノ酸の生成
    横山裕文、下山晃(筑波大・化学系)
  6. 地球外起源物質の指標とされているイソバリン、α-アミノイソ酪酸の現世堆積物中での検出
    三田 肇、下山 晃(筑波大・化学系)
  7. 金属イオン存在下水溶液中におけるジペブチドの生成 
    竹田真子、下山 晃(筑波大・化学系)
  8. 高温ブラズマMPDアークジェットによる有機化合物の合成 
    宮川 伸、田村 英樹、澤岡 昭、小林憲正(東工大・工業材料研、横浜国大・工)
  9. α-グリコシド結合を持つRNAの前生物的合成へのアブローチ
    沢井宏明、伊藤 健、小鍛治和己、篠塚和夫(群馬大・工)
  10. Belousov-Zhabotinsky 反応と対称性の破れ
    山口智彦、嶋本結花、雨宮隆(物質工学工業技術研究所・化学システム部門)
  11. 5’位のメチレン基を欠いた人工核酸(DNA類似体)の合成とその機能性
    ---なぜDNA中にメチレン基が必要なのか---
    古賀理和、山本昌治、羽場真一、阿部耕三、尾崎庄一郎(愛媛大・工)
  12. モンモリロナイト上におけるヌクレオシド-5'-リン酸イミダゾリド重合反応の速度論的研究
    川村邦男、James P. Ferris*(阪府大・工、Rensselaer Polytechnic Institute*)
  13. ホモキラルなペプチドとヘテロキラルなペプチドの分別
    胸組虎胤、下山 晃*(小山高専・物質工学、筑波大・化学系*)
  14. アミノ酸熱重合物と加水分解
    有川良博、今井栄一、本多 元、松野孝一郎(長岡技術科学大・生)
  15. アミノ酸熱重合物の微小殻構造の形成機構
    櫻沢 繁、本多 元、松野孝一郎(長岡技術科学大・生)
  16. アミノ酸熱重合物の進化実験への意義
    松野孝一郎、今井栄一、本多 元(長岡技術科学大・生)
  17. Oligomer world I. Specific Aminoacylation
    清水幹夫(宇宙科学研)  
  18. Oligomer world II. Peptidyl Transfer and RNA Oligomerization
    清水幹夫(宇宙科学研)
  19. Oligomer world III. Electron and Group Transfer
    清水幹夫(宇宙科学研)
  20. 20種のアミノ酸はなぜ選ばれたか
    横尾広光(杏林大・保健)

分子進化

  1. 生命の起原と進化における糖の役割 
    平林 淳(帝京大・薬)
  2. 紫外線照射によって誘導されるαA‐クリスタリン中のAsp-151残基のラセミ化
    藤井紀子、百瀬祐子、竹鼻真(工業技術院・生命研、共立薬科大)
  3. トリプトファナーゼ活性におけるDトリプトファンに対する障壁
    島田秋彦、木暮ひとみ(筑波大学・応用生物化学系)
  4. tRNAアイデンティティーの進化
    長谷川典巳、行木信一、朝原治一、清水幹夫(宇宙科学研)
  5. グループ.ぅ鵐肇蹈鵑箸修隆慙RNAの比較解剖学
    大西耕二、田中浩和、柳川弘志(新潟大・理)
  6. 脱ハロゲン化酵素遺伝子の多様性
    川崎東彦(阪府大・農

生物進化

  1. ピルビン酸酸化還元酵素の分子進化
    乾 博、山地亮一*、宮武和孝*、中野長久*(鳥取大・農、阪府大・農*)
  2. ビタミンB12代謝系の進化
    渡辺文雄、阿部捷男、宮武和孝*、中野長久*(高知女子大・食品、阪府大・農*)
  3. ミトコンドリアの起原・進化(l)酵母ミトコンドリアゲノムの進化
    北野広遵、関藤孝之、岡本浩二、石富仁志、吉田和夫(広島大・理)
  4. ミトコンドリアの起原・進化(2)共生進化説の問題点と細胞内伝達仮説
    吉田和夫、上地克行、石富仁志、西川正信(広島大・理)
  5. シダ類に集積される希土類元素間に見られる相関性について
    高田実弥、西村和雄、隅野照家、赤星光彦(京大・原子炉、京大・農)
  6. 希土類各種元素の培養細胞に対する致死作用 
    赤星光彦、高田実弥、田中愛子、河合建一、川本圭造(京大・原子炉)
  7. 細胞エネルギー代謝の進化 −関係小器官の分化−
    中村 運(甲南大・理)
  8. ストロマトライト(化石)の形成過程
    −藍細菌皮膜の構造と生態にもとづく考察−
    清水 晃、加藤憲二*(奈良女子大・理、信州大・医技短*)
  9. 進化史から見た地球温度環境の変化
    大島泰郎(東京薬科大・生命)
  10. 新人Homo sapiens sapiensの言語のアフリカ単一起源学説:類別接辞を前綴する基礎語彙の比較に基づく新たな証拠 
    大西耕二、水野貴之(新潟大・理)

シンポジウム「古細菌」

  1. 古細菌のアミノアシルtRNA合成酵素
    居原秀(阪府大・総科)
  2. 古細菌の結合型D-アミノ酸
    長田洋子(姫路工大・理)
  3. 脂質からみた古細菌の系統関係
    古賀洋介(産業医大・化学)
  4. 古細菌の進化的位置
    宮田 隆、岩部直之、隈 啓一(京大・理)
  5. 原始地球環境と古細菌
    大島泰郎(東京薬科大・理)

シンポジウム「生体分子機能の創出原理:進化実験と解析からのアプローチ」

  1. 実験室で再現する進化のダイナミクス
    四方哲也(阪大・工)
  2. モジュ一ル・シャッフリングによるタンパク質の機能の創出
    柳川弘志、石坂正道、斉藤 晃、吉田賢二(三菱化学生命研)
  3. ゲノムのダイナミックな改変による新奇微生物の創製
    板谷光泰(三菱化学生命研)
  4. ウイルス型戦略分子とその生命の起源における意味
    根本直人、伏見 譲(埼玉大・工)
  5. ポリ-tRNA構造からみたタンパク質モジュール構造の起源と進化
    大西耕二(新潟大・理)

シンポジウム「遺伝子発現系における核酸・タンパク質の構造と機能:その起原と進化」

  1. 真菌類に特有の翻訳伸長因子 EF-3 の役割、機能構造と分子進化
    宮崎正澄(名大・理)
  2. ベントDNA構造の生物学的意義
    大山隆(甲南大・理)
  3. 高等真核生物の染色体セントロメアを構成する蛋白質とDNA; セントロメア蛋白質の保守性とサテライトDNAの多様性
    杉本憲治(阪府大・農)

ホームページに戻る Viva Origino目次ページに戻る