第37回生命の起源および進化学会学術講演会への参加紀行文

江藤 碧(修士1年)
横浜国立大学院 工学府 機能発現工学専攻 先端物質化学コース 小林研究室
E-mail: eto-midori-rp@ynu.ac.jpp

   2012年3月7日から9日までの3日間に行われた、第37回生命の起源および進化学会学術講演会に参加させていただきました。当時、私は学部4年生で、卒業論文の発表を終えた直後の初めての学会であり、今後の研究に対する考えを改めて考えることが出来たので、そのときの参加紀行文をここにまとめたいと思います。
   本学会は、初めての学会ということで、まず卒業論文の発表の時に達成できなかった点、相手に分かりやすく伝えることについて、1番注意を払って発表を行いました。具体的には、早口で読まないよう、なるべくゆっくり話し、スライドを指すポインターも話す速度に合わせ、またスライドの進めるタイミングも一呼吸おいてから、次を進めるように気をつけました。
    私は、『軟X線/極端紫外光照射によるL-アラニンの分解と変成』というテーマで発表を行いました。本研究では、L-アラニンに放射光を照射し、その変成と分解を陽イオン交換高速液体クロマトグラフィーとガスクロマトグラフィー/質量分析計を用いて分析を行いました。当日この研究で調べ、得た知識をしっかりと伝えるように気をつけたと思っていたのですが、行った実験の内容、その実験からどのようなことが言えるかのみとなってしまい、この学会の名前でもある『生命の起源及び進化』ということを質疑・討論の時間に、ご指摘を頂き、その時初めて深く考えていないことに気付かされ、とても刺激を受けました。この経験を活かし、今後の研究では生命の起源と進化にどのように結びついていくのかということを常に念頭に置きながら取り組んでいきたいと思います。
    今回、私情により初日のみの参加となってしまいました。初日のプログラムでは、シンポジウムのお話にとても興味を持ちました。難しいこともより分かりやすく説明してくださり、また学会という場で、普段は聞くことが出来ない貴重な研究について知ることができ、とても勉強になりました。
    最後に、学会での発表という貴重な機会を頂くことができ、また、ご指導ご鞭撻を行ってくださったことに、心より感謝致します。ありがとうございました。

Return to Japanese Contents

Return to English Contents